ムダ毛の処理をする

照射

ムダ毛を除去する施術方法

女性がムダ毛を処理する時によく利用するのがエステです。エステで行われる脱毛は「光脱毛」と呼ばれており、クリニックのレーザー脱毛と同じように、脱毛する部位に光を照射し、毛に含まれるメラニン色素に反応して発生する熱でもって毛根を弱らせ、毛の成長を抑制します。その光脱毛にはIPL脱毛とSSC脱毛の2種類があります。IPL脱毛はインテンシブ・パルス・ライトの略であり、パルスライトを照射する機器を利用します。パルスという言葉通り、光がパルス化(断続的な波長)されているため、レーザー脱毛の一点に集中する光とは違い、四方に広がります。そのため、部位の広範囲に照射することができますが、光が分散する分レーザー脱毛より威力が劣ります。一方、SSC脱毛は毛の成長を抑える性質のある成分の含まれたジェルを部位に塗り、その上から光を当てます。SSC脱毛はクリプトンライトが使用されており、パルスライトとは違って光で毛根を弱めるというよりは、ジェルの効果を高めるための光になっています。光脱毛はレーザー脱毛よりパワーが低い分、ムダ毛をきれいにするのに多くの施術を必要とします。レーザー脱毛が5回程度で永久脱毛が完成するのに対し、光脱毛は部位によっては3倍くらいの施術を要することがあります。反面、レーザー脱毛は施術で痛みを伴うことがありますが、光脱毛はほとんど痛みがありません。また、施術後にエステ特有の保湿ケアのサービスを受けられます。